4時間目-ウェットオンドライって?-水彩の技法と塗り方

 

サラ】ウェット オン ドライを日本語にすると?

フク】ぬれてる・上に・乾いてる・・・?

サラ】ピンポン!英語は後ろから訳すから、乾いている上に・・・ね!
水彩の技法で言うウェット オン ドライは、乾いた絵の具の上に色を重ねて塗ること。

この技法では、透明水彩の”透明感”が実感できるのよ! 透明のカラーフィルムを重ねる感じ。確認のために復習ね!
ウェット イン ウェットは、塗れている上に塗ること。
ウェット オン ドライは、乾いた上に塗ること。

下の絵の左側の緑色の3枚の葉っぱウォッシュした後にウェット オン ドライで描いています。
落ち葉の水彩イラスト完成

さて、今回も始めましょう。
以下を参考にみなさんも試してみませんか?

【ウェット オン ドライの手順とコツ】

1)ウォッシュした後に乾かす

ウェットオンドライ-1,水彩画,水彩イラストの技法と描き方

ウォッシュで色を塗った葉っぱをきちんと乾かします。ここでは右側にある同じ形の2枚の葉っぱも同じように描いて乾かしておきましょう。

 

2)色を重ねて塗る

ウェットオンドライ-2,水彩画,水彩イラストの技法と描き方

きちんと乾燥していることを確認した後、柔らかい筆で葉っぱの模様を塗ります。
コツは柔らかい筆でさらっと塗ること。固い筆でこすると下の色が溶けだしてきます。ここでは、ドライヤーですばやく乾かしましょう。同じ形の2枚の葉っぱも同じように描いて乾かしておきましょう。

 

3)さらに色を重ねて塗る

ウェットオンドライ-3,水彩画,水彩イラストの技法と描き方

きちんと乾燥していることを確認した後、柔らかい筆でさらに色を重ねます。ここでも薄く透明度の高い色をさらっと塗っています。色を重ねることで、カラーフィルムを重ねたような透明感が出てきます。同じ形の2枚の葉っぱも同じように描いておきます。

 

4)ウェット オン ドライの注意点

ウェットオンドライ-4,水彩画,水彩イラストの技法と描き方

ウェット・オン・ドライは輪郭がはっきり出る技法です。対象物(ここでは葉っぱ)の形そのものよりも、模様として描いた形がはっきりし過ぎてしまう場合は、上から色を薄く塗ると自然に見えます。

 

5)自然に見えるように全体に色を薄く塗る

ウェットオンドライ-5,水彩画,水彩イラストの技法と描き方

薄い色(ここでは緑色)をかけるように塗っていきます。水を多めに筆に含み、軽く塗ります。自然乾燥させることによって、先に描いた模様の輪郭がにじんで溶け込んできます。描いた模様の淵がはっきりした形から少しぼやけた感じになり、植物の葉っぱらしい自然な仕上がりになります。

 

6)きれいに乾かす時間をとる

ウェットオンドライ-6,水彩画,水彩イラストの技法と描き方

乾かしている間に、小筆を用意し、筆を洗う水を替えたり、パレットを拭いたりして、きれいな色やすっきりした透明感を最大限演出できるように準備を整えておきます。

絵を描いていると、上手く描けなかったり、煮詰まったりすることがあります。絵を冷静に見る時間や、気分転換をはかるのも完成までのプロセスの一部です。気軽に進めていきましょう。
小鳥のフクちゃんの休憩の取り方は、上記の通り。みなさんも休憩をとりながら進んでくださいね。ここでは、水を替え、パレットを拭いたりした後、乾いたことを確認し、次に進みます。

7)小筆とティッシュを使ってリフト アウト1

ウェットオンドライ-7,水彩画,水彩イラストの技法と描き方

水を含ませた筆を使って葉脈をリフト アウトで描きましょう。色を取るというのも描き方の一つでしたね。

 

8)小筆とティッシュを使ってリフト アウト2

ウェットオンドライ-8,水彩画,水彩イラストの技法と描き方

細い筆を使って水を含んだ筆で描いたら、すぐにティッシュで押さえます。そうすることで、キレイに色を取ることが出来ます。

 

9)リフトアウトで他の2枚の葉っぱも描く

ウェットオンドライ-9,水彩画,水彩イラストの技法と描き方

他の2枚の葉っぱの葉脈もリフト アウトで描いてみましょう。
葉っぱがそこにあるようなリアルな感じを持たせながらも、透明水彩の”透明感”や色彩の豊かさを演出してみましょう。
絵は写真のように見たままに、リアルに描くという描き方もありますが、こう描くと心地良いな、面白いな・・・という、心の導き、”感じ”に沿って描くという描き方もあります。水彩セラピー「水彩時間」では、心地よさに導かれながら、技法をマスターして行きます。

 


サラ】水彩の技法の第4歩目。ウェット・オン・ドライ!出来ましたか?

フク】出来ました! それと気づいたんだけど、透明水彩の色って塗った時の色と乾いた時の色が違うんだよね。

サラ】そうね。そこが透明水彩の難しいところかな。塗った時はあざやかな色や明るく感じる色も乾くとそれが失われたりするの。だから少しあざやかな色、明るい色で塗っていくといいわよ。他にも、緑色や茶色を明るく表現したい時は、ウェット オン ドライで下地として彩度の高いレモン色を先に塗っておくと上に塗った色の明るさが保てたりするのよ。基本的に水彩では明るい色からって塗っていくといいわよ。

フク】なるほどー。でも慣れが必要かな・・・。

サラ】気軽に楽しんで進みましょう。描いていくと、絵の具の色によっての退色の違いや、紙に浸み込む度合(システイン系の色かどうか)の違いもわかってくるわよ。

さて、みなさんはいかがでしたか?

次は、透明水彩らしい美しさが演出できるグラデーションの技法をご紹介します。

水彩の技法-グラデーション(水彩画,水彩イラストの描き方,ぬり方)