水に心をひたし、彩に心ときめく・・・「水彩」という癒しの魔法

6)バック・ランとは?・・・水彩の技法と塗り方・・・

  • HOME »
  • 6)バック・ランとは?・・・水彩の技法と塗り方・・・

サラ】バック・ランを日本語にすると?

フク】またその質問
えっとね。バックは後ろ。ランは走る。

サラ】はい。大正解!  後ろに走る・・・
逆に向かって流れるってことで・・・逆流って意味なの。

水彩の技法で言うバック・ラン
    水の逆流を利用して模様を作り出すこと。

 

このバック・ランについていえば、
意図的な技法というよりも、
水の乾き具合によって、自然に出来る場合が多くて
にじみとか言われてしまうこともあるのよ。
でも、水彩らしい模様で、作り方を知っていれば
絵作りにおいては、効果的なアクセントにもなりうるの。

その形がお野菜のカリフラワーに似ているところから、
カリフラワーってよばれることもあるのよ。

右の絵では、ふたつ重なった赤い葉っぱの右側に、
黄色のバック・ランでアクセントをつけてみたの。
水の妖精が作り出した模様みたいでしょ?

さて、今回も始めましょう。
以下を参考にみなさんも試してみませんか?

水彩の技法(ウェットオンドライ~バックラン)を使った7つの葉っぱの水彩画
※上の線画は、ぬり絵ページの
2)水彩の技法(ウェット・オン・ドライ、グラデーション、バック・ラン)
からダウンロードできます。

 

▼ バック・ランの手順とコツ

 

バックラン
葉っぱの色:■キナクリドンレッド

 1  半分乾いた状態で色を差す
ウォッシュしたモチーフが半乾きの状態になるまで待ちます。
半分乾いたことを確認して、
筆に色を含み、ポトンとたらすように差します。

コツは、先に塗っているモチーフの方が、
半分乾いた状態であること。
差す色は、たっぷりの水で溶いた色であること。
塗るのではなく“色を差す”という感じで。

ここでは、赤い葉っぱの色が、半乾きの状態の時に、
黄色を差しています。水を差すこともあります。

バックラン
重ねた色:■レモンイエロー

 2  手を加えずにそのままにしておく
差した色がカリフラワーのような模様をつくります。

※なぜこのような形になるのでしょう?
たっぷりの水を含んだ色は広がろうとするのに対し、
土台となっている色は、
半乾きの状態で、それを食い止めようとする力が働きます。
差した色を押し戻そうとする状態(逆流)となり、
このような形があらわれます。

バックラン

 3  水の妖精におまかせする
バック・ランは意図的に操作するより、自然に任せた方が
味わいのある形を作り出します。

“半乾きの度合” “差し色の水の量” “その時の気温や湿度”
によって、カリフラワーの形が変化してきます。

水の妖精さんにおまかせして、
コーヒータイムにいたしましょうか?(*^▽^*)

サラ】水彩の技法の第6歩目。バック・ラン!出来ましたか?

フク】できたけどー。
水の妖精さんのごきげんが悪ったみたいで、
こんな形になったらいいな・・・って、
フクが思ってた形にはならなかったー・・・

サラ】うん。それでいいのよ!
水彩で絵を描くってね。
水の妖精さんとの”合作”なの。コラボレーションね!

初めから最後まで、
人為的に、意図的に描くこともできるけど、
せっかくのコラボだもん。
おまかせする所があっていいのよ。
ほかにも、その時々で、
水の状態を利用したり、水の状態に合わせたり・・・ね!

水の妖精さんと呼吸が合ってくるとね、
ダンスを踊っているように楽しくなるわよ。

他の画材にはない、水彩ならではの楽しさね。

フク】わぁ。そうなったらいいな~。
ダンスといえばフクは、マイム・マイムしか踊ったことないけどー。

サラ】さて、みなさんはいかがでしたか?
水の妖精さん・・・どんな模様をつくりましたか?
楽しい合作になってるといいな~・・・って思ってます。(^.^)b

次は、アクティブでちょっとプロっぽいワザ。
スプラッタリングの技法をご紹介します。

水彩の技法-スプラッタリングの塗り方

 

<<【 水彩の技法と塗り方 】のトップページに戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 水彩セラピー「水彩時間」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.