水に心をひたし、彩に心ときめく・・・「水彩」という癒しの魔法

9)塩を使って?・・・水彩の技法と塗り方・・・

  • HOME »
  • 9)塩を使って?・・・水彩の技法と塗り方・・・

サラ】水彩の技法には、おを使った技法もあるのよ。

フク】? お塩って、お料理に使うだけかと思った。

サラ】そうよね。でもねー

水彩では、塩を使っては、
   とても美しい模様をつくる技法があるのよ。

 

水彩は油絵のように、厚く塗り重ねたり、
他の素材を取り込んでのマチエール(材質を利用しての凹凸等の特殊効果)を得られない分、
水の特性を生かした表現手段が色々あるのよ!

以前、水の妖精とのコラボレーションって言ったけど、
今回は塩の妖精も参加しての特別な技法なの。
神秘的で癒されるわよー。

やり方は簡単!以下を参考にみなさんも試してみませんか?

水彩の技法(スプラッタリング~ドライブラシ~塩を使った)9つの葉っぱの水彩画
※上の線画は、ぬり絵ページの
3)水彩の技法(スプラッタリング、ドライ・ブラシ、塩を使って)
からダウンロードできます。

 

 

 

 

▼ 塩を使う手順とコツ

 

水彩の技法-塩

 1  塩を使うモチーフに色を塗っておく
まだ色を塗っていない葉っぱの形にそってウォッシュします。

コツは透明感のある濃い色を
たっぷりの水で溶いて使うこと。
※すこし水っぽいと感じる濃度で!
 その方が塩が水を吸い込みキレイな模様をつくります。

ここでは青色と緑色のグラデーションで
塗っています。

水彩の技法-塩

 2  塩を散らします
たっぷりぬれている状態で塩を散らします。

ここでのコツは、荒塩などの大きな粒子の塩ではなく、
サラサラとした粒子の細かい“精製塩”を使うこと。
また、ひと粒、ひと粒、ていねいに散らしていきましょう。

水彩の技法-塩

 3  自然乾燥させる
しばらくすると、塩が周りの水を吸収して
結晶のような模様が現れます。

自然乾燥させることでキレイな模様になります。

 

水彩の技法-塩

 3  拡大すると・・・
左の写真は拡大したものです。

塩や水彩紙によっても模様が違ってきます。
ここで使った紙はウォーターフォード紙の中目
  ※水彩時間でおススメしているブロック冊です。

ウォーターフォードの水彩紙は、
水彩紙の中でも塩の模様がよく出ます。

サラ】水彩の技法の第9歩目。塩を使って!出来ましたか?

フク】出来ましたー。すごいキレイ!!
塩でこんな模様が出来るなんてふしぎー!!

サラ】ほんとね! 
うまくいかなかった人は、何度もやってみてね。
コツがつかめてくると、キレイな模様ができるようになりますよ!

フク】うん。フクも3回目でやっとキレイな模様ができたー。
それにしても、水彩って色んな技法があっておどろき―。   

サラ】技法に関して言えば、まだまだあるんだけど、
ここで紹介した9つを知って自由に使えるだけでも
まずは充分だと思うの。

さて、みなさんはいかがでしたか?

ここ水彩時間は、
ぬり絵用の線画を提供しているサイトですが、
線画をダウンロードした後は、
サラの彩色画は参考程度にして、
ご自分のインスピレーションに従って、
楽しんで描いてもらってOK!です。

また、ここで紹介した技法は、
ぬり絵のための・・・・というより、
水彩を始める人のためにまとめました。

他の技法は、ぬり絵の手順の中で紹介していく予定ですが、
水彩を始めた人、
ご自分で下描きから描いて、作品として仕上げていこう
としている方にとっても
基本的な技法の参考になればと思っています。

また、ここでの技法は、
すべて、“葉っぱ”をモチーフにご紹介しました。

葉っぱは一年中どこにでもありますね。
花が咲かない冬にもあります。
買うためのお金もいりませんね。

秋の街路樹、
踏みつけられている枯葉たちも
よく見るととても美しい色をしています。

このサイトで提供するぬり絵だけでなく
自然の中にある美しいものを描きたくなったら
ぜひ描いてみましょう。
描きたくなるモチーフさがしから
癒しは始まっています。

自然の中にある美しさは、きっと、
神さまの隠したイースターエッグ。

あなたは、どんな“美しさ”をさがしだせるでしょう?
“美しさ”を探す視点を持つ事で、
いままでの日常が少し豊かになりますね。

自然の中にある美しいものに目を向ける。
癒しのひとときをもつ。
子供の時のように純粋で自由な楽しさに浸る・・・
そういう時間を自分に持たせてあげることの方が、
他人から評価される絵を描くこと以上に
大切なことだと、
サラは思っているんですよ。

「水彩時間」はそのための時間です。

次は描いた作品が完成した時の活用術を
ご紹介しますね。

描いた絵の活用術

 

 

<<【 水彩の技法と塗り方 】のトップページに戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 水彩セラピー「水彩時間」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.