水に心をひたし、彩に心ときめく・・・「水彩」という癒しの魔法

4)ウェット・オン・ドライとは?・・・水彩の技法と塗り方・・

  • HOME »
  • 4)ウェット・オン・ドライとは?・・・水彩の技法と塗り方・・

サラ】ウェット・オン・ドライを日本語にすると?

フク】ぬれてる。上に。乾いてる・・・?

サラ】ピンポン!英語は後ろから訳すから
乾いている上に・・・ね!

水彩の技法で言うウェット・オン・ドライは、
    乾いた絵の具の上に色を重ねて塗ること。

 

この技法では、透明水彩の”透明感”が実感できるのよ!

確認のために復習ね!
ウェット・イン・ウェットは、塗れている上に塗ること。
ウェット・オン・ドライは、乾いた上に塗ること。

さて、今回も始めましょう。
以下を参考にみなさんも試してみませんか?

水彩の技法(ウェットオンドライ~バックラン)を使った7つの葉っぱの水彩画
※上の線画は、ぬり絵ページの
2)水彩の技法(ウェット・オン・ドライ、グラデーション、バック・ラン)
からダウンロードできます。

 

▼ ウェット・オン・ドライの手順とコツ

 

ウェットオンドライ

 1  ウォッシュした後に乾かす
モチーフをウォッシュした後に乾かします

ここでは、葉っぱをウォッシュして、
キレイに乾燥させます。

ウェットオンドライ

 2  色を重ねて塗る
きちんと乾燥していることを確認した後、
柔らかい筆で色を塗ります。

コツは柔らかい筆でさらっと塗ること。
固い筆でこすると下の色が溶けだしてきます。
また、ここでは、ゆっくり乾かしていると、
下の色が浮き上がってくるので、
自然乾燥ではなく、ドライヤーですばやく乾かすといいですよ!

ウェットオンドライ

 3  さらに色を重ねて塗る
きちんと乾燥していることを確認した後、
柔らかい筆でさらに色を重ねます。

ここでも薄く透明度の高い色をさらっと塗っています。
色を重ねることで、セロハンを重ねたような透明感が出てきます。

ウェットオンドライ

 3  ウェット・オン・ドライの注意点!
ウェット・オン・ドライは輪郭がはっきり出る技法です。
モチーフによっては、形そのものよりも、
模様として描いた
形がはっきり浮き出てしまいます。

 

ウェットオンドライ

 3  全体的に色をかける
モチーフそのものを描くために、
部分的に薄い色をかけていきます。
水を多めに筆に含みかるく塗ります。

自然乾燥させることによって、
先に描いた模様の輪郭がにじんで溶け込んできます。
植物の葉っぱらしい、自然な仕上がりになります。

※また、左の赤い葉っぱの重なりも
ウェット・オン・ドライを使った表現です。
ふたつの葉っぱの透明感のある重なりで、
水彩ならではの美しさが表現できます。
ぜひ試してみて下さいね。

サラ】水彩の技法の第4歩目。ウェット・オン・ドライ!出来ましたか?

フク】出来ました! でも塗った時の色と、乾いた時の色がずいぶん違うから
何回も重ね塗りしちゃって、色にムラができちゃった。

サラ】そうね。そこが水彩のむずかしいところかな。
でも、きちんと乾かしながら塗ると
3回から4回までくらい色を重ねても、ムラにならずきれいな透明感がでるわよ。

水彩って、塗った時は濃く感じても、乾くとあざやかさが飛んだり、薄くなったりするの。
だから、少しあざやか目に、また色を含んだ水に厚みを持たして塗っていくといいわよ。

フク】うん。そうする。でも慣れが必要かな・・・。

サラ】そうね。少しずつ、楽しんで進みましょう。
描いていくと、絵の具の色によっての退色の違いや、
紙に浸み込む度合(システイン系の色)の違いもわかってくるものよ。

さて、みなさんはいかがでしたか?

次は、透明水彩らしい美しさが演出できる
グラデーションの技法をご紹介します。

水彩の技法-グラデーション

 

<<【 水彩の技法と塗り方 】のトップページに戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 水彩セラピー「水彩時間」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.