水に心をひたし、彩に心ときめく・・・「水彩」という癒しの魔法

トレースと塗る準備

  • HOME »
  • トレースと塗る準備

トレースって?塗る準備

 

フク】「線画」が印刷できたけど、このまま、この紙に色を塗ったらダメなの?toe-susaie

サラ】水彩は水を使うから、コピー紙のままだと、たわんできて、
キレイに塗れないのよ。

だから、水でたわまない厚い水彩紙の上にカーボン紙を敷いて、
線画をトレースするという
手順を踏むの。

トレースって”複写”という意味だけど、
線画の線をペンでなぞるだけで、下描きができてしまうから簡単よ!
   
フク】ふーん。でもフクは、すぐに色を塗りたい。
トレースってめんどくさそう!

サラ】やってみると分かるけど、15分くらいで出来ちゃうの。
線をなぞっていると、とても集中してくるし、
日常から離れて、”無心”になれるし。
心が整ってくる感じを体験できるわよ。
心の奥にある癒しの森に行く最初のステップね。

お茶のお作法みたいに、水彩時間のお作法は
この心を静かにする・・・から始まるの。

心を静かにした後に、色を塗りだすと、心地よくとても上手に塗れるわよ。

フク】なるほどじゃあやってみよ。

サラ】では、次にトレースの手順を説明しますね。

 

▼「 線画」をトレースする手順

 1 

大人のぬり絵の線画をトレースする1 以下の用具を準備しましょう。

・印刷したぬり絵用の「線画」
・水彩紙(F4サイズ)
・カーボン紙
・マスキングテープ
・ボールペン
・定規(じょうぎ)

 2  大人のぬり絵の線画をトレースする2 

水彩紙の上にカーボン紙を敷きます。
※この時、トナー(黒インク)が付いている面を
水彩紙側にします。

その上にぬり絵用の「線画」を置きます。

 

 3 

大人のぬり絵の線画をトレースする3

カーボン紙ぬり絵用の「線画」を重ねたら、
四隅をマスキングテープで止めます。

 4  大人のぬり絵の線画をトレースする4

ぬり絵用の「線画」に点を打ちます。

※定規でしっかり線を引いてしまうと、
背景の色が薄い場合は線が目立ちます。
濃い色の場合だけ直線を引くと良いでしょう。

 5  大人のぬり絵の線画をトレースする5

ボールペンで、線をなぞります。

※軽くなぞるだけインクがしっかり着きます。
薄い色を塗るところもあるので、
線が目立たないように、軽くなぞりましょう。

 6  大人のぬり絵の線画をトレースする6

線をなぞり終わったら、
カーボン紙とぬり絵用の「線画」を取って、
下描きの完成です。

 

サラ】「線画」のトレースが終わったら、
次に、色を塗るための準備を整えておきましょう。

きちんと準備しておくと、その分、集中して楽しむことが出来ますよ!


▼「ぬり絵」をする前の準備

 1 

大人のぬり絵の線画をトレースする7

マスキングテープを使って、
絵の具がはみ出さないように、
枠線の外側を「」の字にマスキングします。

 2  大人のぬり絵)水彩ぬり絵をする準備1 

【用具の準備:マスキング用】

絵の白い部分をマスキングするために以下の用具を
準備しておきます。

・マスキングインク
・マスキングインク・クリーナー(固まった筆を浸す液)
・ラバークリーナー(乾いたマスキングをはがすゴム)
・小皿
・細い筆2~4本
・カッター

 

 3 

大人のぬり絵)水彩ぬり絵をする準備2

【用具の準備:水塗り用】

紙を湿らせるために以下の用具を準備しておきます。

・大きめのハケ
・水

 4  大人のぬり絵)水彩ぬり絵をする準備3

【用具の準備:彩色用】

彩色するために以下の用具を準備しておきます。

・透明水彩絵の具
・パレット
・筆3本~6本
・ティッシュ
・筆洗器(水)
・筆拭き

※絵の具は同系色の色を順にパレットに並べ、
乾かしておきます。
そうすることで、筆で少しづつ溶かしながら使えます。

※筆拭きは、キッチンペーパーをたたんで、
ホチキスでパチンと止めたものを、
数個作っておくといいですよ。

 5  大人のぬり絵)水彩ぬり絵をする準備4

【用具の準備:乾燥用】

早く乾かして先に進む場合に使用します。

・ドライヤー

※水彩絵の具は自然乾燥することで、
紙に色が浸透します。
それでも、先に進めたい時に
ドライヤーがあると便利です。

 6  水彩紙のはがし方

【覚えておくこと】

※水彩紙のはがし方
水彩紙のブロック冊を購入した方へ
ブロック冊は水でたわまないように、縁が糊(のり)で固めてあります。冊子の下、中央の部分だけ糊(のり)がついてないので、ここからカッターを差し込みはがして下さい

なぜこの項目をいれたかというと、
優花は、それまで、水張りをして描いていたので、初めてこのブロック冊を使った時に、はがし方がわからず画材店に電話して聞いた経緯があるからです。(^-^;) みなさんはここで覚えておいてくださいネ!

サラ】さて、トレースと、用具の準備はできましたか?

フク】かんぺきー ♪

サラ】ここまでが ぬり絵をする前にやっておくこと になります。
もう一度、確認のために以下のことをチェックしておいてくださいね。

 

1)水彩用具の準備・・・・・用具がないと始まりませんね。

2)線画のダウンロード・・・色を塗るための「ぬり絵」の下絵、それが線画です。
  パソコンが無い方や、あってもプリンターが無いという方は、
  お近くのネットカフェや、
  キンコーズなどのプリントサービス店を利用するといいですよ。

3)トレースと塗る準備・・・A4の水彩紙をプリンターにセットして、
  プリントすればトレースの手間を省けます。
  ですが水彩では水を使うので、どうしてもたわみが出ます。
  ちなみに、サラはできるだけ、簡単に水彩を楽しんでもらおうと思い、
  トレースの過程を飛ばせないかと試行錯誤しました。
  ・・・が、失敗に終わりました。
  水彩はご自分で水張りした水彩紙か、ブロック冊子型の水彩紙が必須です!
  色鉛筆やパステルで描きたい方はプリントするだけでOKです!

 

ここからは、すぐにぬり絵を初めてもいいですが、
水彩が初心者という方には、
次の「水彩の技法と塗り方」のページをおススメします。

読み終わった時には、
水彩がまったく初めて・・・という人も
そのコツがつかめて、楽しく、簡単に描けるようになってますよ!

水彩の技法と塗り方
           

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 水彩セラピー「水彩時間」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.