水に心をひたし、彩に心ときめく・・・「水彩」という癒しの魔法

3)リフト・アウトとは?・・・水彩の技法と塗り方・・・

  • HOME »
  • 3)リフト・アウトとは?・・・水彩の技法と塗り方・・・

サラ】さて、ウォッシュして、ウェット・イン・ウェットまで完了! この流れでいうと、次はリフト・アウトね!
  
フク】リフト・アウト? えっと。日本語に訳すと・・・
わかんない!鳥さんの英語力ではムリ!

サラ】リフトは、持ち上げる。アウトは、取り除くという意味があるのよ。

水彩の技法で言うリフト・アウトは、
 塗った絵の具を浮かび上がらせ、取り除くこと。

 

ウェット・イン・ウェットまでは、水の妖精さんにおまかせ!・・・って感じで、水の性質を利用する技法だったけど、リフト・アウトは人為的、意図的な技法になるのよ!

水彩で描いていると、
「あっちゃー塗りすぎちゃった!」とか、
「右に置いた色が、左に流れていっちゃった!」とか
よくあるでしょ?
それを補う技法が、このリフトアウト
ここでは、覚えておきたいリフトアウト3つのパターンを紹介していきますね!

やり方は簡単!以下を参考にみなさんも試してみませんか?

彩の技法(ウォッシュ~リフト・アウト)を使った二つの葉っぱの水彩画
※上の線画は、ぬり絵ページの
1)水彩の技法(ウォッシュ、ウェット・イン・ウェット、リフト・アウト)
からダウンロードできます

 

▼ リフト・アウトの手順とコツ

 

リフトアウト

 1  筆を使ってリフト・アウト
塗りすぎてしまった箇所の色を、筆を使って、ぬぐい取ります。
たっぷり濡れている場合は、そのまま筆で吸収。
乾いてしまっている場合は、筆にたっぷりの水をにつけ、
軽くなでるだけで、色が浮かび上がってきます。
それをそのままぬぐい取ります。
コツは軽いタッチで!こすると紙をいためます。

ここでは、葉っぱの中心部分を白っぽい仕上がりにするために、
その個所の色を筆を使ってリフト・アウトしています。

リフトアウト

 2  ティッシュを使ってリフト・アウト
ティッシュはとても吸収性に富んでいます。
まだぬれている状態であれば、
色を取りたい箇所を軽くなでるだけで充分です。
強く押さえつけてしまうと、
塗っていた色が、いっきに取れてしまうので注意が必要です。 

また、半乾きの状態の時、ティッシュを使って線を入れたり、
ハンコを押すように使用することで、
テクスチャー(質感)を表現することが出来ます。

リフトアウト

 3  筆とティッシュを合わせてリフト・アウト-1
水を含ませた筆を使って、色を抜くことで描きます。

ここでは、葉っぱの色が乾いた後、
葉脈を水を含んだ小筆で描いています。

コツはコシのある先の細い筆を使うこと!
柔らかい筆では、線がはみ出し描きづらくなります。

リフトアウト

 4  筆とティッシュを合わせてリフト・アウト-2
細い筆を使って描いたら、すぐにティッシュで押さえます。
そうすることで、キレイに色を取ることが出来ます。

コツは、一度乾いた色が、水で浮かび上がっているうちに、
すばやくふき取ること。

ここでは、葉っぱの葉脈を一本、一本ていねいに描きながら、
そのたびに、ティッシュで押さえています。
筆と片方の手にティッシュを持って進めましょう。

リフトアウト 

 5  リフト・アウトの修正
筆やティッシュを使ってリフト・アウトすると、
色を抜きすぎてしまうことがよくあります。

その場合は、そこでいったん乾かした後、
薄く色をかけるように塗っていきます。
そうすることで、自然な感じに仕上がります。

サラ】水彩の技法の第3歩目。!リフト・アウト出来ましたか?

フク】今回もとても上手に出来ました すっごく楽しい!

サラ】よかった!でも上手に描くことを目標にするより、
楽しむことを目標にしてね!

いろんな技法を紹介してるけど、
上手く描こうとすると、従来の技法にこだわりがちなの。
水彩の技法ってね、自分で編み出してもいいのよ!
楽しんでると、アイデアが浮かぶから、
それを試しているうちに、
自分の描き方や表現が見つかって、
さらに楽しくオリジナルな絵になっていくわよ!

フク】うん。もっと楽しんじゃお!

サラ】今回のリフト・アウトでは
ティッシュでの使い方を紹介したけど、
布やガーゼでも試してみたり、
半乾きの状態の時に、アルミホイルやラップを当てて、
水彩では乏しいとされている

マチエール(材質を利用しての凹凸等の特殊効果)を
表現したりするのも楽しいわよ!

リフトアウトを使った水彩画右の水彩画はリフト・アウトで遊んでみたくて描いた絵なの。
ミモザのリース。
茶色で染めた影の部分のぼんやりとしたミモザ。

ここはあるものを使って、リフト・アウトしています。
何を使って描いたものでしょう?

絵をクリックすると大きくなります。
みなさんも当ててみてね!!

フク】うーん。ミモザの花のポンポンした形だから・・・
・・・・わかんなーい!!

 

 

サラ】答えは、・・・・綿棒です!!

フク】お耳をおそうじする?

サラ】そうよ。ポンポン♪・・・ってリフト・アウトしたの。

フク】なるほど! リフト・アウトって感覚がわかった!

サラ】皆さんも色々ためしてみて下さいね! 楽しいですよ!

 

次は、水彩の技法の中でもオーソドックスな技法、
ウェット・オン・ドライをご紹介します。

 

ウエットオンドライ

 

<<【 水彩の技法と塗り方 】のトップページに戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 水彩セラピー「水彩時間」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.