After Effectsでオープニングを制作中

こんにちは、サラです。
制作過程の記録です。

3月はYouTubeのオープニングを制作していました。
使用したソフトはAdobe After Effectsです。

YouTube動画などのオープニングやエンディング、
短いアニメーション作成にはおススメのソフトです。

「水彩時間」の始まりのオープニング動画。

サラの描いた水彩作品を素材に動画を構成しました。オープニングとしては長い20秒。
この20秒間で水彩に興味を持ってもらえたらいいな・・・と思っています。

「水彩時間」は、透明水彩の「透明感」や「彩」で、
絵を上手く描く以上に、
心の癒しやエネルギーの向上を目的にしているので、
動画中に流れるフレーズが以下になります。

水に 心を浸し
彩に 心ときめく
水彩という名の
癒しの魔法

水彩セラピー 水彩時間
水彩の技法と癒しのぬり絵

 

実は、動画を作る前に、先にフレーズの方が浮かんでいて、
そのセリフに合わせて、以前に描いた「水彩画作品」を素材として取り込んでいったら、
20秒という尺の長いオープニングになってしまいました。

ゆっくり始まるYouTube動画になりそうですが、
このゆっくりモードが心地よく感じる人だけが、見に来てくれたらいいかな・・・と思っています。

以下が制作過程です。

1)動画に使うBGMを決め、その音楽に合わせて素材となる水彩画を配置。

透明水彩の軽やかさに合う音色ということで、ピアノの音が適当かと思いネットで検索。
無料素材としてイメージに合った音を見つけたのでダウンロード。

After Effectsの素材として取り込み。
同時に、過去の水彩画作品も取り込み、タイムラインに並べて、フレーズをテキストで打ち込みました。

After Effectsでオープニング作成2

 

2)文字は、文字の持つ意味を強調するエフェクトをかけて完成。

素材が水彩画なので、文字は背景の色で読みにくくならないように工夫しました。
紫陽花の水彩画と、ミモザの水彩画では、少しポップな感じになってしまいますが、「文字に白の枠線」を入れました。こうすることで、文字が読みやすくなりました。
下の作業画像は、文字の色をいくつか試して、しっくりする色を探しているところです。

また、ここでの文字は、その文字の意味に合ったエフェクトをかけて変化を演出しました。

After Effectsでオープニング作成1

まだまだ制作は続きます。