ホルベインの水彩絵の具の
コード化を完了!!

繰り返し使うものは、
テンプレートを作るというのがサラの制作セオリー。
ホルベインの色名と、
そのデジタルコードを表記したサイトを作成しました。

それと、合わせて、絵具の名前とコードを組み合わせての単語登録も完了。
色の名前を入れて、変換キーを押すと、カラーコードが出てくる仕組み。

単語登録という機能を
使いこなしていない人も多いけれど、
これって、ものすごく便利です。

テンプレートと単語登録・・・
パソコンを使って、お仕事されている方は、ルーティンワークになっている所で
活用できないか考えてみるといいですよ。
エクセルならマクロ機能といったところです。

tangogouroku2

制作過程で気づいたのですが、
ホルベインのサイトの
色見本の色は、
実際の色と微妙に違うんですよね。

カラーピッカーが示す6桁コードは採用しませんでした。

そこで採用したのが、
サラが作品を描くときに使っている手作りのカラーチャート。

単語帳で作りました。
(マス目がついてるタイプ。色塗りしやすいです。水彩のアイテムとして作っておくといいですよ)

透明水彩は難しいとよく言われます。

不透明の絵具のように、上から塗り重ねて訂正が出来ない上に、
塗った時の色と、乾いた時の色が違うことも大きな理由。

水彩を始めた方はそれを実感しているかもしれませんね。

サラは乾いた時の色を確認して、色を塗るのに役立てています。

そうそう、このカラーチャートを作った理由がもう一つありました。

それは、水彩で作品を描き始めた頃、
色の名前と実際の色味が一致していなかったから。

例えば、クリムソンレーキ・・・・という色。

とある水彩の教科書のような本で、絵の具の名前だけ書いてあったので、
ずっと青系の色だと思っていたんですよ。

だって、「くりむそん冷気」・・・って感じで、
ほら、寒そーでしょ?きっと青色ねって。(笑)

赤系の色というのが後でわかって、
読んでいる本が理解できてなーい!!と感じたんですね。

それで、水彩絵の具の名前をきちんと覚えようと思ったわけです。
覚えるといえば、単語帳! (._.)φ

受験生のようにホルベインの色の名前、その特性を暗記しました

油絵の絵の具や、ポスターカラー、その他の絵の具を使ったことがある方も
水彩では違う呼び名が使われていて、
とまどうことも多いかもしれません。

ちなみに、みなさんに質問。
ホルベインの透明水彩絵の具。次の色は何色でしょう?

問1)ジョーンブリヤン
問2)オーレオリン

 

 

 

 

答えは・・・

問1)肌色
問2)黄色   です。

園芸の好きな人が、花の名前と、その特性を知っているように、
色の名前を覚えて、その特性を知っておくと
水彩時間もより楽しめそうですね。